*

COPDの症状とは?治療はできるの?喫煙者の肺が危ない!

公開日: : 最終更新日:2016/08/05 病気

突然ですが、あなたは、たばこを吸いますか?

喫煙者や、周りにたばこを吸う人がいる
そんな人には
ぜひ知っておくべき情報をお届けです。

たばこを辞めたいと思ったことは?
禁煙しようと決意して、何度もトライしてみた?

COPDという病気を知れば、
たばこを吸う気持ちが、なくなるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

COPDは、慢性閉塞性肺疾患
(まんせいへいそくせいはいしっかん)とも呼ばれます。

COPDを、発症する人の90%近くが、
喫煙者で占められています。

COPDの症状

たばこを吸う人で、こんな症状はないですか?

  • 咳や痰がでる。
  • 息をするときに、ヒューヒュー音がする。
  • 風邪が治りにくい。
  • 階段の上り下りのときに、息切れがする。
  • 胸が痛い。

 

いやあ、年もとってきたし、
昔みたいに、運動もしていないから、
肺活量が減ったんだろう。
たばこを吸うと、どうも咳が出やすくなるしね。

咳が止まらない

なんて、軽く考えていませんか?

COPDは、大気中の有害物質の刺激で、
気管支が炎症をおこし、肺胞が破壊されて
呼吸が困難になる病気です。

その一番の原因がたばこなのです。
喫煙者の20%がCOPDを発症する、と言われています。

COPDは、たばこ病肺たばこ病とも言われています。

たばこを吸うと、せきがでやすい。
息切れしやすくなるというのは、気のせいではないのです。

たばこの有害物質が、
あなたの気管支や肺の機能を、少しづつ奪っているのです。

若いときには、COPDと分からず
10年〜20年たって、はじめて、自覚症状があらわれ、
気づいたときには、病気がすでに進行している。
この病気の、厄介なところです。

発症のピークの年齢は50代から60代ですが、
これは、自覚症状がでてくる年齢であり、
実際は、もっと前から、発症していたはずです。

息切れするため、体を動かすのがおっくうになり、
運動不足や筋力低下を招き、
呼吸困難がさらに悪化するという悪循環におちいります。

重症になると、体の酸素が不足してきます。
酸素ボンベを使って、鼻から酸素吸入します。

介護者も必要になり、本人や家族の負担は大きくなります。

スポンサードリンク

COPDの治療方法

いちど、壊れた肺は元通りにはなりません
COPDは、いったんかかると、完治できない病気です。
病気の進行を遅らせることが、治療方法になります。

まずは、禁煙です。

禁煙マーク

COPDになってからでも、禁煙を行えば、
禁煙2年以内に、喫煙していない人の
呼吸機能減少率と、ほぼ同じになることがわかっています。

間違えないように言っておきますが、
呼吸機能そのものではなく、機能の減少率です。

たばこを吸わなくても、呼吸機能は、年齢とともに
誰でも衰えます。

薬物療法としては、気管支を広げる作用のある薬
呼吸を楽にして、息切れの症状を改善させます。

症状が重くなると、
人口呼吸などの措置が取られます。

進行の状態によって、治療法がかわってきます。

早期発見すれば、治療の体への負担は少なくてすみます。
したがって、早く治療をはじめることが重要になってきます。

もう一度いいますが、COPDは進行したら、
元に戻すことができない怖い病気です。

それでもたばこを吸い続けますか?

COPDを未然に防ぐには?

COPDを予防するには、肺を有害物質から
守ることが大切になります。

最大の予防法は禁煙になります。

喫煙者でなくても、家族や周りにたばこを
吸う人がいると、知らず知らずのうちに
たばこの煙の2次被害を、受ける可能性が高くなります。

セカンドスモーク

最近は、微小粒子状物質、PM2.5などの大気汚染
問題も、騒がれるようになりました。

喫煙者だけではなく、たばこを吸わない人でも
空気中のたばこ以外の、有害物質が原因で、
COPDにかかる危険性はあるのです。

  • 40才以上でたばこを吸う。あるいは吸っていた。
  • しつこく続く、咳、痰がある。
  • 階段を登ると、息切れがする。

 

このような場合は、要注意です。
心配でしたら、ぜひ病院へいくことをおすすめます。

肺機能の検査は、スパイロメーターという
器械を使って、ほんの数分で済みます

検査には、健康保険も適用されます。

なかなか、禁煙に踏み切れない人には
COPDという病気の怖さを知ってもらい、
禁煙のきっかけに、なってほしいなあと思います。

スポンサードリンク

関連記事

予防注射

ギランバレー症候群の意外な原因とは?その症状は?

ギランバレー症候群。 呼吸困難になるらしいと聞いて、 恐ろしい病気のイメージがあります。

記事を読む

薬

胃がんの初期症状とは?腰痛に注意!

日本人に多いと言われる胃がん。 じつは、身内にも胃がんの患者がいました。 いました。と、過去

記事を読む

ピンクリボン

乳がん検診は20代でも必要?アメリカではどうなの?

最近、テレビでよくみる乳がんのニュース。 なんだか、すごく乳がんの女性が増えている印象なのだけど?

記事を読む

幼稚園

大人の手足口病の症状は?うつるの?

手足口病、知っていますよね。 子供がいる家庭では、この病気に 特に、気をつけているはずです。

記事を読む

CTスキャン

繊維筋痛症の症状や診断は?中年女性は要注意!

繊維筋痛症(せんいきんつうしょう)という 病気を知っていますか?   あなた

記事を読む

オフィス街のサラリーマン

五月病とはどんな症状?対処法はある?

4月は、新しいことが始まる季節。 新社会人として、 はじめて、働き始めたあなた。 どう

記事を読む

食事をする初老の男性

胃がん手術後の食事はここが大切!

胃がんの宣告をうけると そのことだけで、頭がいっぱいになってしまいます。 手術後のことを考え

記事を読む

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種の効果はあるの?打つ時期は?

予防接種は、病気にならないためにある。 ずっーと、そう思っていました。 でも、予防接種を

記事を読む

冬景色

しもやけは針で治るはホント?正しい治療法はコレ!

足先がジンジンする。 むず痒い。しもやけの季節がやってきました。 最近では、夏でもしもやけに

記事を読む

なんだっけ?

脳梗塞の前兆とは?どんな症状がでるの?予防はできる?

脳梗塞の前兆があるのを知っていますか? 実は、脳梗塞の前兆の段階で治療も可能なのです。 脳梗

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

財布と女性
財布の使い始め2017年!開運日や色選びのコツは?

2016年、あなたにとってどんな年でしたか? 時間が経つのが早く

ファミリアーくま
ファミリア銀座本店!なのに神戸出身?最初は靴屋?

ファミリアの創業者の一人である 坂野惇子(ばんのあつこ)さん。

ニールズヤードの福袋
ニールズヤードの福袋2017年?2016年のネタバレも

ニールズヤードの福袋をゲットしたい! 中身はどんな感じ?

2016年テラクオーレ福袋
テラクオーレ福袋2017年!過去のネタバレから傾向と対策

毎年楽しみにしている女性も多い テラクオーレの福袋! 私も大好

ひまわり
夏休み最後の日!何する?みんなの過ごし方は?

8月31日!夏休み最後の日です。 学生の皆さんは何して過ごす予定

→もっと見る

PAGE TOP ↑