*

JALプレミアムエコノミー搭乗の感想!乗る価値はある?

公開日: : トラベル

先日、JALのプレミアムエコノミークラスに乗る機会がありました。

正直、自腹で買うには勇気のいる値段でした。

乗ったのは、ニューヨーク(JFK)ー成田(NRT)の
長距離線になります。

スポンサードリンク

購入前にプレエコの乗り心地を中心に
ネットでいろいろ調べてみたのですが、
いまいち正直な感想が見つかりませんでした。

JALのプレミアムエコノミークラスに
乗るべきかどうか?お値段の価値があるのか?

もしや、私みたいに調べている人がいるのかも?
本音の感想を知りたい人がいるのでは!
そんなわけで今回の体験記、搭乗記を書くことにしました。

悩んでいる方、迷っている方の助けになれば幸いです。

JALのプレミアムエコノミークラスのシートピッチは?

エコノミークラス VS プレエコ(プレミアムエコノミー)

ここで1番気になるのはシートピッチの差ではないでしょうか?

とにかく、エコノミー席で辛いのは足元が狭いことです。
運悪く、真ん中の席になってしまうとトイレに立つのも大変です。

飛行機に乗るときに気になるポイントは人それぞれかと思います。

  • 席の快適さ
  • 機内食の充実度
  • キャビンアテンダントのサービス
  • 航空会社の雰囲気や個性
  • 緊急時の対応

ざっと思いつくだけで、これだけあります。

私が今回、プレミアムエコノミーに求めたのは
『どれくらいシートが快適なのか?』
ここが一番重要なポイントでした。

事前にいろいろ調べたのもシートの快適さをチェックしたかったのです。

感想の前に、具体的なプレミアムエコノミーの
シート仕様について簡単にご紹介しますね。

まずはシートピッチ(席の前後の間隔)です。

JAL エコノミー: 84cm 〜 86cm
JAL プレエコ :107cm

標準的なJALの国際線で比べると、約20センチほどの差があります。

どれくらい広いのか?見てもらった方が早いので
ちょっと暗いですが、機内で撮った写真を載せておきます。

JALプレミアムエコノミーシートピッチ

私は身長が155センチほどの標準体型の女性ですので、
大柄の男性に比べると、さらに余裕が出ているかと思います。

写真で見ると、なんとなく狭く映っているように見えます。
実際はかなり余裕があります。

プレエコの前後のピッチに関しては文句がありませんでした。

次に、シートの幅に関してですが、
エコノミーとの差はほとんどありません。

JAL エコノミー: 47cm
JAL プレエコ : 48cm

しかし、シートとシートの間には、大きな腕置き(アームレスト)があるので
隣とのシートの間隔はかなり広く感じるはずです。

席の数は、エコノミーが1列につき
3−3−3の9席の機体の場合は
プレエコは2−4−2の8席になります。

1席分の余裕が横幅にも出てきます。

そして、頭部にもパーテーションがあるので、
お隣さんと顔を合わせずにすみ、プライバシーを
エコノミークラスより保つことができます。

そして、前後の間隔の広さだけではなく、
プレエコにはレッグレストとフットレストが装備されています。

飛行機に乗ると、気圧のせいで足がむくむという人は
多いかと思いますが、レッグレストのおかげで
飛行中、足を上げておけるのはポイントは高いです。

私はむくみが軽減されました。

そして、エコノミーのシートでこんな不満や不安がある人は多いのでは?
まずは、次のJALのビデオを見てみてください。

自分の前の席の人がシートを倒してくると、
狭い席がさらに狭くなって、本音のところ迷惑に感じてしまう。

自分がシートを倒す場合も、後ろに座っている人に
遠慮してしまい、なかなか倒しづらい不安がある。

そんな不満がなくなるのがプレミアムエコノミーのシートの特徴になります。

食事中も含めて、自分が倒しておきたいときに
シートのリクライニングを使うことができます。

シートを倒して寝ていたのに
ミールサービスが始まると、シートを戻さないといけない。

食事をとらずに寝ていたくても、エコノミーの場合は
どうしても起こされてしまいます。

そんなエコノミーシートの不満はプレエコで解消されます。

JALのプレミアムエコノミークラスの食事はどう?

次に、簡単にプレミアムエコノミーの食事に
ついても触れておきますね。

私は機内で食べたり、飲んだりすることに
あまり関心がないタイプです。

むしろ、飛行機に乗ると、乗り物酔いすることも時々あり
なるべく食べたり、飲んだりするのを避けるタイプです。

そんなわけで、プレミアムエコノミーの食事については
プレエコを選択するときの選ぶ理由にはなりませんでした。

エコノミークラス VS プレエコ(プレミアムエコノミー)

基本は同じ食事になります。

エコノミークラスに、ちょっとプラスαされたのが
プレエコの食事と言えます。

具体的には、

飲み物では、シャンパンや芋焼酎などの
エコノミーにはない飲み物のチョイスが増えます。

ノンアルコールでは炭酸水のペリエがメニューにありました。

そして食べ物に関しては、間食の時にプラスされて
お菓子が1品ほどエコノミークラスより多かったです。

お腹が減った時には、カップ麺(うどんですかい)を頼むこともできます。

私はアルコールも飲まずに、間食も断ったくらいですので
正直、このプレエコのプラスのサービスは不必要な部分でした。

JALのプレミアムエコノミークラスのラウンジ

エコノミークラスとプレミアムエコノミーの大きな違いの
ひとつとして、搭乗前にラウンジが使えることがあります。

私が搭乗した、ニューヨーク便の場合を例にとります。

ニューヨークのJFKではエールフランスのラウンジが使えました。
成田ではJALのサクララウンジに入ることができます。

ラウンジで食事や飲み物を頂いたり、WiFiに接続して
ネットを閲覧することができます。

シャワーを浴びたりもできます。

私の場合は乗り物酔いが怖いので、飲み食いを避ける傾向がありますので
残念ながら、食事に関してはせっかくのサービスを堪能することができませんでした。

私のようなケースを除くと、ラウンジでの食事やアルコールを含めた
飲み物のサービスがあるのは、エコノミーとプレエコの差としては、
かなり大きいのではないでしょうか?

JFKではあまりミールの種類がなかったのですが、
成田のサクララウンジでは和食と洋食が用意されていました。

旅行前に食事をがっちり取りたい人には
ラウンジは嬉しいサービスになるはずです。

私の場合ですが、、、

JFKのラウンジでは日本の雑誌を読んで時間をつぶしました。

成田のサクララウンジでは、評判の良いJALのカレーを
味見レベルでいただいて、あとは水を飲んでいました。

JFKエールフランスラウンジ

JFKのエールフランスのラウンジは赤を基調とした
自然光が差す明るいラウンジでした。

ラウンジは人は多いのですが、とても静かで、
快適な時間を過ごすことができて非常に満足できました。

搭乗口付近のザワザワとした雰囲気の中や
座り心地の悪い椅子に比べると雲泥の差です。

ゆったりとした気分で、旅行前の短い時間を快適に過ごすことが
できたのは、思った以上に価値がありました。

特別に飛行機の機体に詳しいわけではないですが、
ラウンジからは停留している飛行機の機体を間近に
見られるのも楽しかったです。

ラウンジに関しては、最初に期待がなかった分
良い意味で裏切られ、高ポイントになりました。

JALのプレミアムエコノミークラスの搭乗の本音の感想

ここまで、簡単にエコノミークラスとプレミアムエコノミー
との差について書いてきました。

もっと細かいことやサービスを調べたい場合は
JALのホームページに詳しくのっているので
そちらの方を参照されるといいかと思います。

ちなみに、他にもノイズキャンセリングヘッドホンや
アメニティなどのサービスがあります。

ここでは私の体験に基づいた
メリットとデメリットを体感として書くことにします。

JALプレミアムエコノミーのメリット

シート間隔の広さが1番のメリットです。
20センチの差は大きかったです。

前の空間が広いだけで、ずいぶん乗り心地は変わります。
なんというか、、、圧迫感が全然違うのです。

新幹線の指定席のシートピッチが98センチ〜104センチらしいです。
それを想像してもらうとわかりやすいかも?

新幹線の指定席とプレエコのシートピッチがほぼ同じくらいなのです。

そして、レッグレストとフットレストの有無は大きいです。

スポンサードリンク

到着時の足の疲れが違うのがわかりました。

そして、これは乗る時期や混雑時により、
なんとも言えないのですが、、、

今回、ラッキーだったのは
プレエコはガラガラだったのです。

成田ーニューヨーク便は行きも帰りも
プレミアムエコノミーはかなり空いていたのです。

私が予約したシートは真ん中の島です。

行きは4席、帰りは3席の並びです。

往復とも真ん中の島は、私を含め
通路側だけが埋まり、両端にしか乗客はいない状況です。

このおかげで、すごく楽なフライトとなりました。

閉じ込められた飛行機という狭い空間の中で
空気がたくさん吸える(笑)感覚があったのです。

ざっと見る限り、エコノミーの方はかなりの混雑ぶりです。

しかし、プレエコのセクションは空いていて
楽に過ごすことができました。

プレエコの方がエコノミーより空いている場合が多そうです。

そして小さいことになりますが、食事のサービスも
エコノミーの中では1番早く行われます。

このおかげで、食事の選択ができたり、
食事後のトイレの順番取りが楽なのは確かです。

JALプレミアムエコノミーのデメリット

1番のデメリットというか、、、
ネックはエコノミーとの値段の差でしょう。

私の場合は、割引運賃で27万円ほどでした。
エコノミーだったら、14万円くらいでした。

約2倍近くの値段の差をどう見るか?
プレミアムエコノミーを選ぶ際の基準は全てここにかかると思います。

長距離線とはいえ、飛行機の滞在時間は13〜14時間ほど。
26時間の時間のために、13万円余分に払ったことになります。

自腹で支払う場合は、この値段をどうみるのか?

13万円あったら旅行先で、贅沢な食事をしたり
ホテルをアップグレードできる金額になります。

そんな金額を座るだけの飛行機に払うべきか?

エコノミーとの差を考えた時に、ちょっと高すぎるのでは?
それが正直な感想になります。

そして、シートの座り心地にも不満があります。

実際に乗ってみて、シートが前にせり出すタイプの
椅子だと腰に負担がかかるのを感じました。

フットレストとレッグレストの位置の調整も難しくて
腰のあたりに1番辛さがでてきました。

プレミアムエコノミーの場合、シートに関しては
座って映画を見たりするぶんにはエコノミーより
全然楽でいいのですが、寝ると体勢に負担がかかります。

エコノミークラスで隣の席が空いていると、
二人分の座席を使って横になれます。

ラッキーだと3席、4席使える場合もあります。

エコノミーがガラガラだったら、すべてのアームレストを上げて、
一列にして、いわゆるエコノミー•ファーストクラスシートにして、
ゆっくり横になる可能性も無きにしもあらずです。

しかし、プレミアムエコノミーの場合は
大型のアームレストで席が固定されているので
どんなに隣が空いていても、1席以上で広く空間を使うことができません。

睡眠を取りたい場合は、
ガラガラのエコノミー > プレエコ
混雑次第ではエコノミーが勝る可能性も出てきます。

おまけにプレエコは頭の部分にパーテーションとライトがあります。

寝ていて、寝返りを打とうとすると、よくぶつけてしまいました。

寝る限りにおいては、プレミアムエコノミーのシートは快適ではありません。
むしろ、リクライニングが中途半端で余計に疲れが出てしまいます。

今回、寝るときは、アームレストに枕を乗せて、無理やり横になったり
腰の痛みを抑えるためにお尻の位置を動かしたり苦労しました。

リクライニングをもう少し改善して欲しいと思います。

JALプレエコ機内の様子

そして、、、
プレエコが混雑すると、通路側の席でないと
移動がしにくい。そんな気がします。

今回はプレエコがガラガラだったので
問題はありませんでした。

レッグレストやフットレストを使うと
座席の前の空間は全くなくなります。

そして、私もそうなのですが、
ほとんどの人はフットレストやレッグレストを
出しっぱなしにする場合が多いのです。

今回は、真ん中の4席(あるいは3席)の
通路側を予約しました。

もし、私の隣に座っている人がいたとしたら
トイレなどには行きづらいだろうな。

そんな気がします。

JALのプレミアムエコノミーは乗る価値があるのか?

さて、勝手に感想を書いてきましたが、
果たして、JALのプレミアムエコノミーは乗る価値があるのか?

結論から先に言うと、、、
乗る時期と値段次第です。

プレミアムエコノミーを初代のビジネスクラスに
例える人もいるようですが、ビジネスクラスとの差は明らかです。

プレミアムエコノミーがビジネスと同じくらいに
快適に感じられるのは、短距離、中距離のフライトではないでしょうか?

言わせてもらうと、6時間くらいまでの飛行時間で、
昼便などの機内で睡眠をとる必要がないフライト。

こんなフライトだとプレミアムエコノミーの
快適さの恩恵を1番預かれそうな気がします。

ゆっくり足を伸ばして、ノイズキャンセリングヘッドホンをつけて
エコノミークラスより大きな画面で映画を楽しむ。

そんな状況だとプレミアムエコノミーの良さがよりよく出ると思います。

プレミアムエコノミーの1番の欠点は
寝るときに快適ではない。

この一言に尽きます。

ここがかなりのネックになると感じました。

食事をしたり、映画を見たりする限りにおいては
エコノミーより、はるかに快適です。

しかし、睡眠が必要なフライトになると
この大きな欠点が見えてきます。

プレミアムエコノミーに乗るかどうか?

悩んでいる人は新幹線の指定席の乗り心地で
何時間耐えられるのか?

それを想像してもらうと、感覚として近い気がします。

やはりビジネスクラスとは大きな差があります。

もし、私が次にプレエコを選ぶかどうか?
聞かれたら、次の基準で考えます。

飛行機が混む時期だったら、多少高くても
プレミアムエコノミーを選びます。

ただし、絶対に通路側の席が取れる場合のみです。

そして閑散期の時期だったら、値段次第で考えます。

空いていそうな時期や日程だったら、
隣の席が空いていることを祈りながら、
エコノミーを選ぶ可能性が高くなるのかな?

エコノミーとプレエコの差額の金額を
レストランやホテル代に回したいと思います。

しかし、この場合は値段次第ですね。

うーん、ニューヨークー成田便だとしたら、
エコノミークラスにプラスで6万〜7万くらい
だったらプレミアムエコノミーを選択したいかな???

私の感覚だと、成田ーニューヨークの長距離線で
プレミアムエコノミーの価値はそれくらいの金額になります。

JALのプレミアムエコノミーにお得に乗る方法

私の感覚では、エコノミーとプレエコ
差額としては、6万〜7万くらいかなあ?

そう思っていたら、、、

実は、プレミアムエコノミーにそれくらいの
値段でアップグレードできるサービスがありました。

狙って書いたわけではありませんよ(笑)

これに関しては、JALのホームページを見てもらった方が
早いかもしれません。⬇️

JALプレミアムエコノミークラス空港当日アップグレードのご案内

出発当日にJALプレミアムエコノミークラス座席に空席がある場合、
追加料金を払うと、その場でアップグレードできるのです。

料金としては、片道1〜3万円と事前購入に比べて手軽な値段です。

しかし、このサービスに関して幾つか気をつけるポイントがあります。

まずは、必ずしも募集するとは限らない!
あくまでもプレミアムエコノミークラスに空席があり、
JALが募集する場合に限るのです。

飛行機が混んでいる時にはまず募集がないと思っていた方が良さそう。

本当は混んでいる時ほど、プレミアムエコノミーの
価値はあると感じるのに残念です。

そして他にも気をつけることが、、、

  • マイルの積算
  • ラウンジ利用
  • 手荷物優先サービス

これらの付帯サービスは、もともとの航空券の運賃に基づくのです。

そんな理由から、ほとんどの場合は、マイルが100%つかない。
ラウンジが使えない。手荷物の優先サービスがない。

こんな部分で事前購入との差が出てきます。

マイルを気にしない。ラウンジは必要ない。
とにかくお試しでプレミアムエコノミーに乗ってみたい。

そんな人だったら、1度利用してみてもいいかもしれません。

個人的には、シンガポール、香港、バンコクあたりの
1万円くらいの追加料金だったら、お得かも?

そう思ったのですが、、、

これらの路線は、2016年6月現在、JAL SKY SHELL SEAT
という古いタイプのプレエコが中心でした。

これは成田ーニューヨーク便のJAL SKY PREMIUMとは
違うタイプのプレミアムエコノミーのシートになりますのでご注意を!

スポンサードリンク

関連記事

こちらもどうぞ!

プルメリア

ハワイ旅行の持ち物リスト!現地目線でチェック!女性は必見?

はじめてのハワイ旅行 すごく楽しみですよね! はてさて、何を持っていくべきか? 持っていか

記事を読む

ソラマチ

東京スカイツリーソラマチでランチ!おすすめのレストランは?

東京スカイツリーの展望台の 予約がとれた! ランチはどうしよう? レストランのおすすめは?

記事を読む

陶器市ーおわん

有田陶器市2016年の日程?焼き物だけじゃない楽しみ方!

有田と言えば、陶磁器の町。 一般的に、知名度としては 伊万里焼きと言う方が有名かもしれません

記事を読む

平戸の町

長崎平戸の観光!スイート好きにはおすすめ?!

「ザビエルに会いたいの!」 それは、友人の一言から始まった旅です。 旅行の目的地は長崎の平戸

記事を読む

うな重

ソラマチのおすすめご飯は?並ばなくていい名店を厳選!

東京スカイツリーに 併設されているソラマチ。 たくさんレストランがありすぎて どこに行けば

記事を読む

ラニカイビーチ

ハワイのビーチのおすすめは?全米1位のココ!

ハワイと言えば、綺麗なビーチ。 海をはずして、ハワイ旅行はありえませんよね。 でも、ハワイへ

記事を読む

京都大文字

京都御所の一般公開 予約が必要なの?方法は?

京都御所を見学するには、 事前の予約がいるらしい。 はがきで予約すると聞いたけど? い

記事を読む

空港

アメリカン航空 座席の広さは?JALよりおすすめできる?

アメリカン航空の宣伝で 「more room!」というポスターを 見たことがあります。 &

記事を読む

着物を着た女性

生麩を京都で食べたい!ランチのおすすめ店は?

生麩(なまふ)は地味な存在。   普段、口にすることは、あまりないけれど、

記事を読む

ハワイ〜ワイキキ

ゴールデンウィーク!ハワイの値段は?安く行くヒント!

ハワイへ行きたい! でも、どうしても仕事の関係で、ゴールデンウィークの 連休くらいしか連続し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハワイ〜ワイキキ
ゴールデンウィーク!ハワイの値段は?安く行くヒント!

ハワイへ行きたい! でも、どうしても仕事の関係で、ゴールデンウィ

財布と女性
財布の使い始め2017年!開運日や色選びのコツは?

2016年、あなたにとってどんな年でしたか? 時間が経つのが早く

ファミリアーくま
ファミリア銀座本店!なのに神戸出身?最初は靴屋?

ファミリアの創業者の一人である 坂野惇子(ばんのあつこ)さん。

ニールズヤードの福袋
ニールズヤードの福袋2017年?2016年のネタバレも

ニールズヤードの福袋をゲットしたい! 中身はどんな感じ?

2016年テラクオーレ福袋
テラクオーレ福袋2017年!過去のネタバレから傾向と対策

毎年楽しみにしている女性も多い テラクオーレの福袋! 私も大好

→もっと見る

PAGE TOP ↑