*

JALのビジネスクラス搭乗記!NY便に乗ってみた感想は?

公開日: : トラベル

長時間の飛行機での移動。長距離の国際線。
乗ってみたいのはビジネスクラスですよね!

JALのビジネスクラス、国際線の長距離便に乗る機会がありましたので、
その感想をお届けしたいと思います。

JALのビジネスクラスは評判がよく、大褒めの記事ばかりです。

実際に乗ってみて、素人ながら、ここがよくなるといいのにな!
気づいたことも書いてみたいと思います。

JALのビジネスクラス搭乗記JFK-NRT スケジュール

今回、搭乗したのはJALのニューヨーク線。
ジョンFケネディ空港<--->成田の便です。

JL004とJL003になります。

2017年現在、JALのニューヨーク線は
成田及び羽田からの発着便があります。

2017年10月29日~2018年3月24日のスケジュールだとこんな感じ。

東京 ー> ニューヨーク

JL006(羽田発)  11:00発  9:55着
JL004(成田発)  19:30発  18:25着

ニューヨークー> 東京

JL003(成田行き) 11:05発  15:25(翌日)着
JL005(羽田行き) 12:50発  17:10(翌日)着

大きな違いは羽田発は午前便。成田発は夕刻便。
ニューヨークからは2便ともお昼前後のスケジュールとなります。

羽田発だとニューヨークに午前中に着くので、
その日から現地で仕事ができます。

ニューヨークで乗り継ぎのある人にとっても、便利なスケジュールです。

成田便は夕刻にニューヨークに着くので、
その日はそのままゆっくり寝ることができそう。

今回は、行きも帰りも成田の発着便に搭乗しました。

JALのビジネスクラスの評判は?

ネットでの評判をみると、JALのビジネスクラスは最高!
世界で1番という声も見かけます。

実際どうだったのか?

はい、最高です。

まずは、シート。


音が出ますので、注意してください。

そして機内食。

エンターテイメントも充実しています。
JAL ビジネスクラス オーディオ

JALのニューヨーク線はエコノミー、プレミアムエコノミー、
そして今回のビジネス。3種類のクラスを体験しています。

この3つを比べると、

エコノミー<<プレエコ<<<<<ビジネス

エコノミーとプレエコとの差に比べて、
プレエコとビジネスの差は大きいです。

プレエコに搭乗した際の感想もよければ読んでくださいね。
JALプレエコ搭乗の感想!乗る価値はある?

この中でも私が1番感じたのはシートの差です。
180度倒れて、完全なフルフラットベッドになるシートは素晴らしい!

おまけに『エアーウィーヴ』のベットパッドと枕まであり
飛行機の中でこんなに寝れたのは初めての経験です。

JALのビジネスクラスのシートは3種類以上?

素晴らしい搭乗体験できたJALのビジネスクラスです。
しかし、ちょっと気をつけないといけないことがあります。

JALの運行機材によって、同じビジネスクラスでも
シートや配置が違うのです。

JAL スカイスィート
↑JAL SKY SUITE

JAL スカイスィート2
↑JAL SKY SUITE Ⅱ

JALスカイスィート3
↑JAL SKY SUITE Ⅲ

JAL シェルフラットネオ
短距離線になると、↑JAL SHELL FLAT NEO

JAL シェルフラット
↑JAL SHELL FLAT SEAT

一昔前のビジネスクラスのタイプのシートになったりするのです。

JALのビジネスクラスと一言で言っても、様々なシートのタイプがあります。
自分が乗る便がどれなのか? 

事前に調べておかないと、、こんなはずでは?
となることもありそうです。

ニューヨーク便は最上位クラスのJAL SKY SUITEです。

基本として、JALの国際線のビジネスクラスは
長距離ほど上位のシートのタイプになると考えて良さそうです。

JALの長距離線ーお得なのはエコノミー???

白状しますと、ビジネスクラスに搭乗できたのはマイルのおかげです。

私の場合、アメリカン航空でマイルを集めていて
12万マイルでビジネスクラスに乗れました。

しかし、自腹ではどうでしょう?
ニューヨーク線は50〜60万円ほどになります。

宝くじにでも当たらないと無理ですね。
毎回のフライトでビジネスというのはかなり無理です。

ニューヨーク線で使われている機材はボーイングの777-300。
4クラスがあります。(ファースト、ビジネス、プレエコ、エコノミー)

シートの配置を見てみると、

ファースト 1−2−1
ビジネス  2−3−2
プレエコ  2−4−2
エコノミー 3−3−3

ファーストでは1列に4席。
ビジネスでは1列に7席。

急に3席も増えています。

しかし、ビジネスとプレエコ、
プレエコとエコノミーではそれぞれ1席づつ増えているのみです。

JALのビジネスはかなり詰め込まれているのがわかるでしょうか?

これをデザインや設計の素晴らしさとみるのか?
余裕がない設計とみるのか?

実際に乗ってみての印象です。

私は行きも帰りも窓際の席でしたが、
正直、閉塞感を感じました。

ギチギジに詰められている印象を受けて、
息苦しい感じがしたのです。

JALビジネスキャビン

そして、すべての席の間はパーテーションで区切られています。

他の方の搭乗記で窓際はマンガ喫茶?のようだという感想を見かけました。
マンガ喫茶は利用したことがないのですが、なんとなく雰囲気はつかめます。

小柄な日本人女性である私ですら、閉塞感を感じたくらいですので、
大柄な男性だと、窓際の席はかなり狭く感じそうです。

それと窓際の席は前にのみしか、ものを置く場所がなくて、不便でした。

シートと前の部分は距離があります。

メガネなどのちょっとしたものを取る時に
シートベルトをいちいち外して、ものを置いたり、取ったりしないといけませんでした。

そして、サイドまでギリギリのラインでシートが詰められています。
ペンや携帯電話などの小物をうっかりサイドに落としてしまうと、
手が入る隙間すらなく、ヒヤヒヤします。

通路も狭くて、フライトアテンダントの方も動きにくいのではないでしょうか?
カートでサービスするのは難しいと思います。

総括すると、シート自体がすごく良いのに
全体のデザインのせいで、なぜか狭く感じてしまうのです。

パーテーションはプライバシーの確保という大きな長所もありますが、
空間が狭く、息苦しい印象を与えてしまう短所もあります。

JALのニューヨーク線787−9がやっぱり好き!

ここからはちょっと個人的な感想になります。

私は乗り物酔いしやすいタイプで正直
飛行に乗るのも好きではありません。

気圧の変化に弱いみたいで、飛行機に乗ると頭痛がしたり
吐き気に悩まされます。

そんな私が気に入っていたのが、ドリームライナー。

ニューヨークのJFK空港から東京までは
2017年の4月まで成田便しかありませんでした。
成田まで1日2便で運行していたのです。

飛行機の機材も777−300ER(SS7)と787−9(SS9)。
2種類のタイプで成田へ飛んでいました。

この787−9がドリームライナーと呼ばれ、777に比べると小さい飛行機です。

スポンサードリンク

私は断然、ドリームライナーの方が好きでした。
飛行機の酔いが少なくて、体の調子が良かったのです。

777−300ER(SS7)と違い、ファーストクラスがなくて、
ビジネス、プレエコ、エコノミーの3クラスで運行されていました。

今まで3つの違うクラスに乗れたからこそわかったことがあります。
JALの長距離線の中で、他社を引き離していて、1番すごいのはエコノミークラス!!!

他社のエコノミークラスと比べて、断然いいのです。

エコノミークラスの前後のシートピッチ幅は
84〜87cmほどあり、他社のエコノミークラスより5〜8cmほど余裕があります。

実際、SKYTRAX社が運営する2017年「ワールド・エアライン・アワード」において、
世界で最も優れたエコノミークラス座席に贈られる「ベスト・エコノミークラス・エアラインシート」賞を受賞しています。

今はニューヨークー東京間を飛んでいないドリームライナーですが、
ドリームライナーのエコノミーは2−4−2 という座席配置でした。

他の会社だと、3-3-3という配置が多い中で、1席分の余裕があるエコノミーです。

ビジネスも2-2-2という配置だったようですので、
ドリームライナーのビジネスクラス(JAL SKY SUITE)に
できれば、乗ってみたかったな!とそれだけが残念です。

個人的にはドリームライナーのニューヨーク線の復活を待っています。

JALのビジネスクラスー世界の評価は?

国際線、しかも長距離線ともなれば、ビジネスクラスの
運賃は庶民には手の届かない値段です。

その値段を考えれば、ビジネスクラスが最高!!!
そうでなければ、おかしいですよね。(笑)

180度のフラットベッドになるビジネスクラスも
多くの航空会社が取り入れており、今ではそんなに特別なことではありません。

世界でのJALの評価はどうなのでしょう?
2017年、SKYTRAX社のビジネスクラスの順位をみてみました。

World’s Best Airline Business Class(総合):11位
Best Business Class Airline Lounges(ビジネスクラスラウンジ):8位
Best Business Class Airline Seats(シート):5位。
Best Business Class Onboard Catering(ケータリングー機内食):7位
Best Business Class Lounge Dining(ラウンジの食事):10位以内になし
Best Business Class Comfort Amenities(アメニティ):10位以内になし

ちなみに、最後のアメニティはいわゆるアメニティキットだけではなく、
毛布、枕、シートカバーやパジャマ、おしぼり、お手洗いの備品などを指します。

どうでしょうか?
総合で11位で頑張ってはいますが、予想より順位が低く感じませんでしたか?

私が考えた理由、、、、独断になりますが、
JALのサービスは日本人の方向を向いていて、
世界の方をみていないから。そんな気がします。

そう感じた理由を述べたいと思います。

まずは、ラウンジ。
成田のラウンジですが、混雑しすぎて落ち着きません。

夕方の便が集中しているせいでしょうか?
シャワーも使えず、マッサージチェアーもいっぱい。席も満席です。

JALのラウンジは広くて、2つのフロアーもあるのにすごく混雑しています。

実際にビジネス、ファーストクラスに乗る人だけではなく、
上級会員のステータスを持っている人に開放しているからかな?と感じてしまいました。

ラウンジの食事に関しては、10位以内に入っていませんが、
私は食事をしないので、評価できないのですが、有名なメニューはカレーのようです。

他社のラウンジの方がアペタイザーなどのメニューが豊富な印象を受けました。

日本人には評判のカレーですが、他国の人からしたら、
シチュー??みたいなイメージで、特に高く評価されるメニューではない気がします。

食べ物関係でいうと、機内食は5位です。
ちなみにトルコ航空が1位、カタール航空が2位です。

JAL ビジネスクラス食事メニュー

JALは食事に力を入れている印象ですが、実は他社に負けています。
中東系のエアラインの方が食事の評価が高いのです。

機内であまり食事をしない私ですが、ニューヨーク発の昼便では和食をいただきました。
とてもごはんが美味しかった!!!そんな記憶があります。
フライトアテンダントの方にそれを伝えると、機内でご飯を炊いているということです。

すっごい!!!日本人の私はそう思うのですが、
やはり他国からすると、ごはん=副食=パンのような存在。
あまりインパクトを感じられないのかもしれません。

日本人である私は短粒米、ジャポニカ米を美味しいと感じますが、
世界のスタンダードからいうと、パサパサした長粒米や雑穀米などが好きな人も多いです。

メニューが全般的に日本人の好みに偏っている印象です。
他国の方からすると、華がないメニューに見えてしまうのでは?

ビジネスクラスの場合、通常の食事以外にも
お腹が空いた時はお好みでアラカルトを頼むことができます。

こちらのもカレー、ラーメンなど日本人好みのメニューが多いと感じました。

ベジタリアン、フルタリアン、グルテンフリー、デイリーフリーなど
日本人には多くないダイエット(食事法)をしている方は頼めるものが極端に減ります。

私も飛行機の中では極力軽い食事をしたいので、
サラダ、スープ、フルーツのようなメニューがあればなあとメニュー表を見て思いました。

フルーツを頼んだのですが、上品な盛り合わせで微妙でした。
フルーツは食事というよりデザートとして考えられているのだと思います。

外国の航空会社だと野菜大盛りのサラダなどがあります。
日本人だと飛行機でわざわざサラダを食べたいと思う人が少ないと思いますが、
世界に目を向けると需要はカレーよりこちらの方が多い気がします。

JAL ビジネスクラスシート

次に座席です。

2-3-2の座席配置。2-2-2だったら最高なのに!
そう思わずには入られません。

JALのスカイスィートはパーテーションで区切ってあります。
パーテーションがあるのは、他社?普通だったらファーストクラスのみです。

パーテーションのおかげで、プライバシーが保たれて隣が気になりません。
しかし、2-3-2と、他社のビジネスクラスより1席多いため、どうしても圧迫感を感じてしまいます。

この席のデザインも小柄な日本人を基準に考えられているような気がします。
世界の大柄な人?たちをスタンダードにデザインされていないような?

映画などのエンターテイメントも日本人向けのチャンネルが多く
アジア系、欧米系、どちらの方にとってもチョイスが少なく感じました。

そして、アメニティキットですが、これに関しては可もなく、不可もなくというところでしょうか?

おせっかいなアドバイスになりますが、
せっかくの日本のエアラインなのですから、欧米のブランドを使わずとも、
日本らしいデザインのポーチや日本のドメステックのブランドにした方がずっとアピールはできると思います。

例えば、SOU●SOUなどの和装のデザインなんかだと、
外国人はもちろん日本人がもらっても嬉しいと思います。

成田発のニューヨーク行きは、他国からの乗り継ぎを考慮して、
夕方遅くの出発時刻のスケジュールになっていると聞きました。

ビジネスクラスにおいて、どれくらいの日本人の比率かは不明です。

私がお手洗いに立った際には、アジア系、米系など日本人以外の方を多く見かけました。

そんななか、提供されているエンターテイメントに不満があるのか?
自分のパソコンを取り出して映画を見ている方も見かけました。

私の感覚ですが、ひと昔前に比べてJALの国際線を利用する
外国人の比率が上がっている印象です。

他のエアラインでもどんどんビジネスクラスのサービスが良くなっています。

サービスで悪評の高い米系のエアラインですが、
例えば、ユナイテッド航空はビジネスクラスを刷新して
ユナイテッド・ポラリスと言うサービスを提供しています。

長時間、長距離線の搭乗者は『機内での睡眠』を最も重要視するというデータから
徹底的に機内での安眠に最適な環境づくりに焦点を当てているのです。

機内での睡眠を重視したすごく特色のあるサービスになっています。

食事はラウンジでゆっくりしてもらい、機内ではワインのティスティングを楽しんで
パジャマに着替えて、安眠してもらう。そんなサービスがわかりやすく打ち出されています。

良く言えばいい子、悪く言えばあまり特色がないサービス。
それがJAL。そんな気がします。

小さな時からJALのファンの私です。

世界で1位のビジネスクラスになるために、日本のみではなく、
世界で評価されるサービスで、さらに上を目指して欲しいとエールを最後に送りたいと思います。

関連記事

こちらもどうぞ!

八瀬のロープウェイ

比叡山延暦寺 観光ルートのおすすめは?

京都と滋賀にまたがる、比叡山。 延暦寺に一度、行ってみたいけど、 ちょっと遠いのかな?

記事を読む

ハウステンボスー船

長崎ハウステンボスへのバス!アクセスや料金のベストは?

テーマパーク好きなら、外せないのは 長崎ハウステンボス! 長崎空港からのアクセスや料金など、

記事を読む

軍艦島の廃墟

軍艦島ツアーのおすすめは?クルーズ選びのポイントはコレ!

友人に誘われて、長崎へ行ってきました。 タクシーに乗ると、運転手さんと長崎観光に ついて、お

記事を読む

時計

ハワイと日本の時差は?計算方法はコレ!薬のタイミングは?

海外旅行で一番慣れないのは、 日本との時差。   ハワイ旅行で時差があり、

記事を読む

京都大文字

京都御所の一般公開 予約が必要なの?方法は?

京都御所を見学するには、 事前の予約がいるらしい。 はがきで予約すると聞いたけど? い

記事を読む

富士山

ほったらかし温泉(山梨)って混浴?アクセス方法は?

山梨にある、ほったらかし温泉が すごいらしいけど、知っていますか? なにが、すごいのか?

記事を読む

北海道の花畑

北海道のおみやげラインナップ

夏の北海道はいいですよね。 北の大地に憧れます。 どんなお土産があるのか調べてみました。

記事を読む

プルメリア

ハワイ旅行の持ち物リスト!現地目線でチェック!女性は必見?

はじめてのハワイ旅行 すごく楽しみですよね! はてさて、何を持っていくべきか? 持っていか

記事を読む

陶器市ーおわん

有田陶器市2018年の日程?焼き物だけじゃない楽しみ方!

有田と言えば、陶磁器の町。 一般的に、もしかしたら、知名度としては伊万里焼きの方が有名かもしれ

記事を読む

有田陶器市ー煙突

有田陶器市!駐車場はどうする?おすすめは?

有田の陶器市へ車で行こうと思っている。 どれくらい混んでいるの? 駐車場はどこが便利なの?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テレビのスクリーンを観る女性
amazonビデオで何を見る?プライムの無料でエンジョイ!

先日、アマゾンのタブレットfire HD8を手に入れました。 タブレ

タブレット
amazonタブレットのfireは買い?年配の方にこそオススメ!

先日、アマゾンでついにタブレットを買いました。 ハイテク機器どこ

ハワイ
ハワイ旅行の安い時期は?2つのファクターと重要ポイント!

すっかりハワイへはまってしまい、リピートしたい! そう思うのはあなた

JAL スカイスィート
JALのビジネスクラス搭乗記!NY便に乗ってみた感想は?

長時間の飛行機での移動。長距離の国際線。 乗ってみたいのはビジネスク

ジェラートピケ福袋ジェラートピケ福袋ー外袋
ジェラートピケの福袋2018年!リピーターにもオススメできる?

毎年楽しみにしている女性が多い ジェラートピケの福袋 2018

→もっと見る

PAGE TOP ↑