*

ハンバーグのレシピ!肉汁ジュワ〜の簡単なコツは?

公開日: : 最終更新日:2014/09/26 たべもの


先日、友人においしいハンバーグのレシピ
教えてもらいました。

ハンバーグの作り方はシンプルなようで、実は奥深い!

そんなことが勉強になるレシピでしたよ。
ある小さな工夫をすることで、ハンバーグが美味しくなるのです。

やること自体はめちゃくちゃ簡単なのに!!!
肉汁ジュワ〜なハンバーグができました。

まさにプロのような出来映えです。
そんな秘密をご紹介したいと思います。

さっそく、今夜のディナーにどうでしょうか?

ハンバーグがまずくなる原因

レシピを紹介する前に、ハンバーグの作り方は
そんなに難しくないのに、どうして失敗してしまうのか?

その原因を探ってみました。

ハンバーグが美味しくない!
2つのパターンがあるかと思います。

カチカチになって固い!
そぼろ状でポロポロなってしまう!

どうでしょうか?

目指したいのは、ジューシーで、ナイフを入れると
ジュワ〜と肉汁がでてくる、ふわふわのハンバーグですよね。

ハンバーグのイラスト

ジューシーな肉汁を閉じ込めて、型くずれさせないためには
2つのポイントがあります。

1. 捏ねる(こねる)

ひき肉に粘りがでるまで、ちゃんと捏ねていますか?
挽肉の粘りが出るまで、こねることが必要です。

捏ねをしっかりやることで、ジューシーな肉汁が
バンバーグの中に、閉じ込められるのです。

そして、捏ねることにより、ひき肉に粘り気が出て
まとまりのある状態になります。

捏ねの作業が、「ハンバーグが固まらない! 」という
失敗を防ぐ、大切なポイントになります。

2. 空気抜き

シェフが料理番組で、ハンバーグのタネを
両手でキャッチボールをするようにしているのを
見たことありませんか?

あれは、パフォーマンスではないのです。

ハンバーグを焼く前に、空気を抜いているのです。

空気が入ったままだと、焼いてる最中に、空気が膨張して
ハンバーグにヒビが入り、崩れたり、肉汁が出てしまったりする
原因になるのです。

そぼろ状のハンバーグになってしまうのは、
空気抜きが十分ではない、可能性が高いです。

粘りがでるまで捏ねる!
しっかり叩いて、空気を抜く!

おいしいハンバーグ作りには、大切な2つのポイントです。

肉汁ジュワーなハンバーグのレシピ

では、めちゃくちゃおいしいハンバーグのレシピに行きましょう。

秘密にしたいのは山々ですが、思い切ってシェアしますね。
パン粉を使わない、肉のうま味がギュッと濃縮したハンバーグです。

材料(二人分)

 

牛もも肉     190g
豚肩ロース肉   110g
卵        1/2個
玉ねぎみじん切り  50g
ケチャップ     15g
氷(キューブ)   2個
塩         2.5g
黒こしょう     1g
サラダ油      適量

 

1. 牛もも肉、豚肩ロース肉の角切りをフードプロセッサーでくだく。
(フープロがない場合は、包丁で叩いて、ミンチにする)

2. 玉ねぎ、塩、黒こしょう、ケチャップ、卵をボウルにいれ
肉と捏ね合わせる。

3. まとまってきたら、氷を投入!
さらに15分ほど、氷が溶けて、なくなるまで練る。

4. 冷蔵庫で1〜2時間ほど、生地を寝かせる。
取り出し、2つにわけて、楕円形状に形を整える。

5. フライパンにサラダ油をひき、両面に焦げ目をつけて
とりだし、180度のオーブンで10分ほど焼く。

(オーブンがない場合は、フライパンで片面2〜3分ずつ焼いて、
火をとめて、フタをして、6〜7分ほどそのまま、余熱で蒸らします。)

6. 市販のデミグラソースやハンバーグソースをかければ
出来上がりです。

牛肉はもも肉などの赤身のタイプ、豚は肩ロースなどの
ある程度脂がのったお肉を、2:1の割合で使います。

そして、氷がこのレシピのポイントです!

目から鱗でした。
ハンバーグに氷なんて聞いたことありますか?

この氷が、肉質をギュッと引き締めて
肉汁をのがさない役割をするそうです。

ハンバーグをおいしくするプロの秘密とは?

ハンバーグに氷なんて、私は始めて聞きました!

私が知らないだけで、じつは世の中には
ハンバーグをおいしくするコツや工夫がいろいろあるのでは?

他に何かないか?調べてみることにしました。

いつくか紹介しますね。

1. 生地にスープを加える

生地350gに対して、ブイヨンを大さじ2杯ほど加えると、
ソフトな出来上がりになります。

ふわふわと柔らかいハンバーグが好みならば、
試して見る価値がありそうですね。

柔らかいハンバーグにするためには、ブイヨン以外にも
レンコンのすり下ろしヨーグルトなどを加える手もあります。

ビストロのハンバーグ

2. 生地にバターを混ぜる

生地にバターを練り込むと、コクがでます。
フォアグラのような、濃厚な味が好きな人にオススメです。

1人前につき、バターを10gほど練り込みます。

無塩バターを使います。

有塩バターを使う場合は、生地に加える塩分を
計算して、調整してくださいね。

3. 焼く時は弱火でじっくり

油をたっぷりと敷いたフライパンでじっくり焼くことで
半生になったり、肉汁が逃げて乾燥するのを防ぎます。

ステーキとは違い、最初から最後まで弱火でじっくり焼きます。

どうでしたか?
これから、ハンバーグを作るときに、工夫がいろいろできそうですよね。

関連記事

こちらもどうぞ!

ジップロックに入れた肉まん

肉まんの冷凍保存の方法は?期間はどれくらい?

手作りの肉まんに、はまってしまい、 大量に肉まんが、できてしまいました。 この肉まんを

記事を読む

冷蔵庫

おからは冷凍保存できるの?解凍方法や賞味期限は?

突然の質問ですが、 豆腐を冷凍したことありますか? 経験者は知っていますよね。 豆腐を

記事を読む

お菓子作り

クッキーレシピ 超簡単だけど250ドルの価値がアリ! 

250ドルの価値のある クッキーレシピ知っていますか? 知らない人のために、簡単に紹介しますね。

記事を読む

肉まん

肉まんのカロリーを比較!ワーストは?コンビニ?551?

寒くなり始めると、めちゃくちゃ 食べたくなる食べ物。 その名は肉まん! コンビニのレジ

記事を読む

かしわ餅

柏餅の葉っぱは何?食べられる?意味はあるの?

端午(たんご)の節句に欠かせない柏餅。 団子(だんご)の節句 昔は、そう信じておりました

記事を読む

カルボナーラ

パスタのカロリー!カルボナーラは高い?低いのは?

パスタはカロリーが高そうですよね。 うどんやそばと比べると ハイカロリーなメニューのような気

記事を読む

グラノーラ

グラノーラのカロリーは高いの?ダイエットは無理?

グラノーラ、最近では種類も増えて、 朝食や、おやつにチョイスするひとも 多くなりました。

記事を読む

大根

沢庵たくあんの作り方 少量サイズにチャレンジ!

大根のおいしい季節になってきました。 添加物の入っていない、健康的な 沢庵(たくあん

記事を読む

オムライス

たいめいけんのオムライス 日本橋でごちそうさんしたい!

たいめいけん知っていますか? NHKのドラマにでてくる、 洋食レストランのモデルになったのでは?

記事を読む

京都

京都でわらび餅を食べたい!本物のポイントは?お店は?

京都で、おいしーい、 わらび餅を食べたーい!!! 古都の雰囲気のなかで わらび餅をいた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カルダモン
カルダモンの効能!チャイより簡単なティーもご紹介!

ヘルシンキといえば、シナモンロール。 そんなイメージがありませんか?

ホテルインディゴヘルシンキー部屋
フィンランド女性ひとり旅!ヘルシンキのホテルはここがオススメ!

ついにヘルシンキへ行ってきました。 女性の一人旅には優しい場所だと聞

ヘルシンキ中央駅
ヘルシンキ空港から市内まで電車で行ってみた!注意点もあるよ!

ドキドキしながら、ついに、女一人旅でフィンランドのヘルシンキまで行って

テラクオーレの福袋
2019年テラクオーレの福袋!販売日情報!

2019年のテラクオーレの福袋の情報が入ってきたので、お伝えしまーす。

イノシシ
お財布風水!2019年使い始める日とラッキーカラーのベスト!

毎年恒例のお財布風水の記事! たくさんの方に読んでいただいており

→もっと見る

PAGE TOP ↑